社会人看護学校受験&面接での質問

社会人看護学校受験&面接での質問

最近の傾向として、いったん一般企業に勤めてから、看護師を目指すという方が増えているようです。 このように、社会人からの転向組の場合は、何より『面接』が非常に重要だと言います。 中では、現在お子さんをお持ちのシングルマザーがこの要に社会人看護学校受験を受けるという方も存在し、そうした方のお悩みにも、やはり面接に関する不安が寄せられていました。

この方の場合、面接に向けて、対策を強化しているという事ですが、対策本は、主に高校生のものが多く、自身の立場では参考にならないとのことで、社会人で受験をする場合、どのような面接対策を行えばいいのか?というものです。 やはり、社会人の看護学校受験をする際の面接対策として、必要と言えるのが、自己PRは、もちろんですが、志望動機や家族構成、又子供がいる場合、突発時等にはきちんと対応可能か?という面や社会人として今まで学んできたことや看護師として、自分がどのような事ができるのか?等、面接に向け、考えておく必要があり、尚且つまとめておく必要があると思います。

又看護師自体、患者その他医療従事者と関わる仕事ですから、コミュニケーションがきちんととれるか?という部分を重要です。 この場合における、つまり面接時ということですが、やはり基本はスーツとなります。

面接時における対策、尚且つ社会人における面接における対策に必要なのは、看護師になりたいというその理由、つまりは、『動機』が重要ですし、『適正』の有無トいうのも非常に重要で、看護学校という環境にきちんと適応できるのか?という部分も非常に大切ですから、その辺も対策において視野に入れておくべきかと思います。 社会人として面接を受ける上で、更に加えたいのが自身の看護師への夢や希望、もしくは、目的等プラスした内容を備えておくことも大切です。

更に、今回紹介する、お子さんをお持ちの方が、看護学校を目指すとなると、やはりお子さんに関する状況もきちんと説明できるようにすることも必要で、どなたかの援助が受けられる、お子さんがいてもどなたかのバックアップが受けられるので、子供がいても大丈夫という説明をきちんとすることは必要です。

面接において、志望動機は非常に重要ですが、看護師学校における志望動機は、なぜ看護師なのか?という部分をきちんと勉強しているかという事がやはり、非常に重要となってきますので、その辺をきちんと考え、まとめておく事が大切です。 この場合の志望動機は、あくまで曖昧な動機は好ましくないといえるでしょう。

ただ、面接のポイントというのも実在します。ここに挙げてあるような求人エージェントを利用すれば、面接への同行、面接対策、条件交渉の代行などを行ってくれるので、看護師さん、保健師さんの強い味方になってくれるでしょう。

もちろんこれは、第一新卒の場合だけではなく、中途での転職時にも行ってくれるので、非常に心強い転職サービスと評判ですね。