推理小説の概要と歴史

推理小説(すいりしょうせつ)は、小説のジャンルのひとつ。殺人・盗難・誘拐・詐欺など、なんらかの事件・犯罪の発生と、その合理的な解決へ向けての経過を描くもの。さまざまなメディアに展開されるミステリーというジャンルの元になった。 推理小説という名称は、木々高太郎が雄鶏社にて科学小説を含む広義のミステリー叢書を監修した際、江戸川乱歩や水谷準に提案されて命名したものと伝えられる[1]。このほか探偵小説、ミステリー小説という呼び名もあるが、前者の名称は「偵」の字が当用漢字制限を受けたために用いられなくなった[2]。犯罪小説とかなり重なる部分もあるが、完全に同義という訳ではない。

推理小説の誕生
世界初の推理小説は、一般的にはエドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』(1841年)であるといわれる。しかし、その数年前にチャールズ・ディケンズも半推理・半犯罪小説の『バーナビー・ラッジ』を書いているほか、100年ほど前に書かれたヴォルテールの『ザディグ』(1747年)の一編『王妃の犬と国王の馬』も推理に重きが置かれている。さらには『カンタベリー物語』、『デカメロン』、聖書外典『ダニエル書』の『ベルと竜』やヘロドトスの『歴史』にも推理小説のような話が収録されており、どこに端を発するかという議論は果てしない。 しかし、確実にいえるのは、1830年代にイギリスにおいて警察制度が整ったことにより、犯罪に対する新しい感覚が生まれたということである。1830年代に一世を風靡したニューゲート小説は、ニューゲート監獄の発行した犯罪の記録を元に書かれた犯罪小説であり、後の近代推理小説が生まれる基盤を作ったといえるだろう。 また、権利と義務の体系が整い、司法制度や基本的人権の尊重がある程度確立した社会が成立していることも、推理小説に欠かすことのできない要素であると考えられる。 推理小説と言うジャンルの確立には警察組織の存在が大きかった。法を手に犯罪者を捕らえる新しい形のヒーローが誕生した裏側には、また急速に都市化が進んでいくイギリスにおいて、都市の暗黒部に対する一般市民の不安が高まっていた、という歴史的事実も見逃せない。また都市化に伴うストレスのはけ口として、「殺人事件」というモチーフの持つ非日常性が必要とされていたという見方もある。

推理小説の進化
推理小説が誕生した後、さまざまなアイデアが生み出され、下記に挙げられるようなミステリーにおける「基礎・応用などの土台」が作られていった。また、科学・医学の進歩に伴い、科学的な知識を用いたトリックなども、次々と考え出されていった。 また、ミステリー表現の世界は小説だけにとどまらず、映画・ドラマ・舞台・漫画・ゲーム……などさまざまなジャンルに波及し、表現の幅を広げていった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう、Sciatica、Sciatic Neuralgia)とは、人の体においてさまざまな原因により、坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛。あくまで症状であり、病名ではない。

サロンとは

サロン(仏:Salon)とは、もともと応接室などの部屋を意味する言葉である。男性の間でダンディーハウスがひそかにブームになりつつある。

記憶とは

記憶(きおく)とは、脳に蓄積される情報。 記憶の分類法はさまざまだが、スクワイアの記憶分類という分類法が最も一般的である。ただし、記憶術 やり方には色々あります。

近視とは

近視(きんし)は、屈折異常のひとつで、眼球内に入ってきた平行光線が、調節力を働かせていない状態で、網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態。近眼(きんがん、ちかめ)ともいう。視力回復 方法に人気が集まる。

復縁・復縁屋

失恋から立ち直ることを放棄し、相手とのよりを戻す、復縁を望む者も多い。復縁の方法については色々存在するようですね。

ピロリ菌の感染

ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃癌やMALTリンパ腫などの発生につながることが報告されている。ピロリ菌 症状。細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となりうることが明らかになっている唯一の病原体である。